若返る!ヒアルロン酸注入【エイジングサインレス】

黒髪の女性

鼻を高くする方法

顔に注射

クレオパトラの鼻があと少し低ければ、その後の世界は変わっていただろうとよく言われます。クレオパトラといえば、世界三大美女の1人に数えられるメガトン級の美女ですが、鼻がもう少し低ければそれほどの美女にはならなかったかもしれないという例え話です。鼻は、目や唇に比べると、自己主張がとても弱いパーツです。普段は鼻がそこに存在していることを特に気に留めることもありませんが、鼻の形状がどうなっているかで、顔全体の印象が想像以上に大きく変わってくる可能性があります。日本人の場合、鼻が低すぎるという悩みを抱えている人が多くなっています。黄色人種の骨格は凹凸の少ない形状になっていますので、鼻も低くなりがちです。ですが、鼻が低いと、見た目の印象が子供っぽくなってしまいます。アジア人は欧米人からするととても若く見えるそうですが、鼻が低いことが幼く見える大きな要因になっていると言われています。老けて見られるよりも若く見られる方がよいだろうと考える人もいますが、若々しく見えるのではなく単に幼く見えているのであれば喜んでいる場合ではありません。実際に鼻を高くしたいと望む人が大勢いるのですが、セルフケアで鼻を高くすることは不可能です。現実的なことを考えると、鼻を高くするためには美容外科クリニックを受診して美容整形手術を受けるしか方法がありません。美容外科クリニックは審美目的の治療のみを専門に行っている、れっきとした医療機関です。安全かつ確実な方法で、望み通りの鼻にしてもらうことができます。

美容外科クリニックで受けられる隆鼻手術には、様々な種類のものがあります。昔からよく行われてきたのは、鼻筋にプロテーゼやシリコンなどの人工物を挿入して鼻を高くするという方法です。目立つ場所に手術の傷跡が残ってしまうのではないかと心配する人がいますが、鼻の穴の中からメスを入れるという方法で手術が行われますので、傷跡で悩まされてしまうことはまずありません。この方法で手術を受ければ、一生モノの高い鼻を手に入れることができるため、多くの人がこの方法による手術を受けています。ちなみに、人工物を顔に埋め込みたくないという人は、耳から採取した軟骨を鼻に移殖するという手術を受けることができます。ただし、肌に傷跡が残る心配がないとはいえ、体が全くダメージを受けないわけではありません。皮膚の表面をメスで切られることはありませんが、鼻の穴の中からメスを入れられますので、術後しばらくの間は強い痛みや腫れで悩まされることになります。もっと負担の少ない方法で鼻を高くしたいと希望している人は、ヒアルロン酸注入による隆鼻手術を受けています。これは文字通り、ヒアルロン酸を注入して鼻を高くする手術です。ヒアルロン酸注射を打つだけという簡単な方法ですから、患部の腫れや痛みを心配する必要が全くありません。また、注入するヒアルロン酸の量を微調整することができるため、思い通りの高さの鼻にすることができます。鼻に注入されたヒアルロン酸はだいたい2〜3年程度で吸収されてしまいますので、隆鼻効果に永続性はありません。ですが、時間が経てば自然に元の顔に戻っていくという安心感があるため、ヒアルロン酸注入による隆鼻手術が人気を集めています。